松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

公開日: 更新日:

「やる気あるの?」(在京キー局関係者)なんて声もある。

 3月29日にスタートしたTBSの朝の情報番組「ラヴィット!」。4月9日の世帯視聴率は1.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で番組ワーストを記録と超低空飛行を続けているが、週明け12日に“神風”が吹いた……はずだった。

 TBSはその日「マスターズゴルフ2021」最終日を中継しており、「ラヴィット!」は通常より20分遅れの朝8時20分から始まったが、ご存じの通り、松山英樹が日本男子初の海外メジャー制覇!

「松山Vで大盛り上がりの中で始まった『ラヴィット!』では、メーンMCの麒麟・川島明が『優勝おめでとうございます』、そして丸山桂里奈が特に中身のないコメントをして、さあ、何か松山のネタをやるのかなと思った途端、すぐにコンビニスイーツの話題に移ってしまった。せっかく松山優勝という神風が吹いて、その流れで視聴率が取れるチャンスだったのに、自らフイにしてしまったんです」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る