横山めぐみはオスカー退社も…ベテラン女優は受難の時代に

公開日: 更新日:

「女優として、もうひと花咲かせたい」――。

 長らく所属していたオスカープロモーションから4月末での退社が明らかになった横山めぐみ(51)は周囲にこう話しているという。

 退所者の相次ぐオスカーでは、女優の吉本実憂(24)が剛力彩芽(28)の設立した個人事務所「ショートカット」への移籍を発表。横山は最近まで2時間ドラマなどに出演していたが、今後については具体的には何も明らかになっていない。

「今はベテランのアラフィフ女優にとって、受難の時代ですからね」と、ある広告プロデューサーはこう言う。

■テレビ局は「F1層」重視

「テレビドラマでいえば、どの局もF1層(20~34歳の女性)狙いを強めています。ネットに視聴者を奪われ、もはや無料動画に太刀打ちできないのが明白な中、すこしでもスポンサー離れを食い止めるため、スポンサー受けの良く、トレンドを引っ張っているイメージのあるのがF1層だからです。最近、若手のブス系女性芸人やユーチューバーの出演が目立っているのは、各局がF1層狙いに出ている証左に他ならない。その層があまり家にいない昼帯の番組まで、そうなってきているので、中高年にはお馴染みでも、ベテラン女優は開店休業に追い込まれています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る