「それじゃサブちゃん、東映に来るか?」全く非日常の世界

公開日: 更新日:

(前回から続く)

 そうかい、そりゃあ大変だなあ……確かこんなことを、おっしゃって下さったのかなあ。それでまあとにかく、カチンコチンになりながらも、割にハキハキと身上を話してますと、又、モノ凄い事をおっしゃった。「それじゃサブちゃん、東映に来るか?」「ハイ?」「東映で良ければ、入れてあげられるよ」「シ、シカシ僕は素人ですし」「何云ってんだ、初めは皆な素人じゃないか」「シカシ、オフクロに仕送りしなけりゃなりませんので、バイトの方が」「バイトは続けながら頑張りゃいいよ、それに第一、ギャラが出るよ」「エー、ギャラが出るんですか!?」「当り前だろ、映画に出演するんだから」

 何かもう!! 目の前が光り輝きだして、心の臓は早鐘を打つようになるし、何ンだか汗は出てくるし、そのような状態になった事は鮮明なんですがネ、それから後の事が思い出せないのでございますヨ。アパートに帰っても、バイトしてても、何だか心ここにあらずってヤツでしてね。後日、茶店のママに聞いたところによると、撮影所はキビシー処だけど、男が一度決めたんだから、性根を据えて頑張れよ、それと喧嘩はダメだぞって云ってらしたわよ。何だかサブ、フワフワしてて、しょうがなかったわよ……と。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  4. 4

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  7. 7

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  8. 8

    篠原涼子が忘れられなかったスポットライトの快感…妻の座を捨て次なる高みに

  9. 9

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る