深田恭子を襲ったストレスの“正体”…降板ドラマでも迷走劇

公開日: 更新日:

 5月26日、深田恭子(38)が適応障害のため休養に入ると発表された。7月期の木曜22時の主演ドラマ(フジテレビ系)がクランクインする直前のタイミングだった。深田は2019年、20年に2年連続でこの枠の「ルパンの娘」に主演した。脚本がほぼ完成し共演者も内定済みの段階での休養発表だったため、スタッフは対応に追われている。29日のスポニチが未定だったドラマのタイトルが「推しの王子様」で、深田の代役を女優の比嘉愛未(34)が務めると報じた。

【写真】この記事の関連写真を見る(14枚)

 所属事務所「ホリプロ」によると、昨年春ごろから深田の体調に異変が見えはじめたという。交際中の実業家との入籍の噂が盛んに取り沙汰された時期と重なるため“マリッジブルー”やコロナ禍の“自粛疲れ”を疑う向きもあるが、筆者の取材によると別の理由も影響しているようだ。芸能界では女優は35歳になると急にイメチェンを求められるが、深田も例外ではなく、大きなターニングポイントを迎えていた。

 19年に嵐の松本潤(37)と共演した特別ドラマ「永遠のニシパ」(NHK)では、陰のあるアイヌ民族出身の女性・リセ役を演じ、同年1月期の「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)では予備校講師役で“残念なしくじり鈍感女子”を演じた。これまでのキラキラした“深キョン”のイメージとは明らかに違う路線変更だった。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで