とんねるずもヒロミも…アラ還世代は“ジャニタレ組”で成功

公開日: 更新日:

 趣味を仕事に活躍する“アラ還”タレントが増えている。所ジョージ(66)は東京都世田谷区にある事務所を「遊び場」と称し、趣味の私物を多数保管。バラエティー番組「所さんの世田谷ベース」(BSフジ)も、その名の通り世田谷ベースで撮影している。

 そんな所を慕う、とんねるず石橋貴明(59)と木梨憲武(59)は、今年が還暦だ。2018年に、前身番組から数えておよそ32年間も続いた「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)が終了してからは、ソロ活動にシフトチェンジしている。

 石橋は「石橋、薪を焚べる」(フジ系=3月に終了)を経て、4月から「日本生命 presents 石橋貴明のGATE7」(TBSラジオ)がスタート。野球少年だった経験と知識、探究心を生かして、プロ野球担当記者だけではなく、スパイクやグローブといった用具メーカーへインタビュー、アマチュア野球の可能性も探るマニアックな番組となっている。

 また2018年から「石橋貴明プレミアム」(AbemaTV)を不定期配信。昨年11月に同局の「7.2 新しい別の窓」でレギュラーを務める稲垣吾郎(47)、草彅剛(46)、香取慎吾(44)と共演し、話題に。また昨年6月にはYouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」を開設し、登録者数164万人を超えている。

 相方の木梨は、インスタグラムのフォロワー数は117万人超。1994年から創作活動、楽曲制作などを行い、インスタには国内外問わず多くの有名人が登場している。「とんねるずのみなさんのおかげです」(フジ系)から誕生した「仮面ライダー」のパロディーキャラ「仮面ノリダー」が久々に登場すると、過去最高の196万回を記録した。

 新しい地図の香取はラジオ「ShinTsuyo POWER SPLASH」(bayfm)で木梨のアルバムを紹介。タレント業とアート活動を並行させてきた木梨は、画家兼デザイナーでもある香取にとって憧れの存在で、ラジオを通じて「いつかフィーチャリングしたい」とラブコールを送り、木梨も内諾しているという。

アラ還3人の共通項は?

 木梨の親友ヒロミ(56)は2000年代前半からおよそ10年間、芸能界を離れている間に趣味を充実させ、クレー射撃歴は20年。「炎の体育会TV」(TBS系)では世界選手権日本代表に勝つほどの腕前に。2019年には、昭和の名優たちによって立ち上げられた「芸能文化人ガンクラブ」の3代目会長にも就任している。

 1998年にスタートした「8時だJ」(テレビ朝日系)でMCを務めていたヒロミだが、当時共演していたジャニーズJr.が、今や嵐や関ジャニ∞に大出世。ジャニーズ事務所の副社長になった滝沢秀明(39)とは「有吉ゼミ」(日本テレビ系)で趣味のDIYを生かした企画「八王子リホーム」で共演。滝沢が2018年で芸能界を引退した後は、SixTONESのジェシー(24)と共演中だ。

「石橋貴明、木梨憲武、ヒロミのアラ還3人は、極めている趣味がある、1980年代のバラエティー全盛期をけん引した実績と自由にできるチカラを持っている、年下のジャニーズと仲良し、という共通項があります。視聴者が憧れる自由人なスタンスだけではマニア止まりですが、ジャニーズとのコラボで若年層が1周も2周も回って新鮮に感じて飛びつき拡散しています」(エンタメライターの伊藤雅奈子氏)

 アラ還世代も自由のカギはジャニーズのようだ。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  2. 2

    石橋貴明×鈴木保奈美「電撃卒婚」の全舞台裏 オワコン夫の束縛と売れっ子妻への嫉妬

  3. 3

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  4. 4

    五輪開会式「極秘演出」がまさかのダダ漏れ! 臆面もなく再びゲーム頼みか

  5. 5

    自民を牛耳る3A+S「今の世の中、右も左も真っ暗闇じゃござんせんか」が日本の姿

  6. 6

    渡部建が「芸能界グルメ王」の座を明け渡す日…小木博明が“救いの手”も復帰の兆しなく

  7. 7

    キスマイ北山宏光がクズ男役でギリギリ濡れ場を好演 ジャニーズ俳優の新境地を開拓

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

もっと見る