鈴木伸之は恋愛する暇もなし? 超売れっ子が重宝される納得の理由

公開日: 更新日:

 一服の清涼剤となったようだ。15日に最終回を迎えた、杉咲花(24)主演の連ドラ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」(日本テレビ系)。放送中には〈あったかくていいドラマ〉〈ほほ笑ましい〉〈見ていると優しい気持ちになれる〉なんて声が視聴者から書き込まれていた。多くの視聴者に愛されたドラマだったことがよく分かる。

「『朝ドラのヒロインを演じると、イメージが固定されて次の出演作選びが難しい』、というのは昔から業界内でささやかれる話。実際、ヒロインを演じたものの、その後は役者としてはパッとしなくなってしまった女優さんもいます。ところが、杉咲さんは今年5月まで放送された『おちょやん』の千代から、『恋です!』のユキコにごく自然に移行できた。あの演技力は〈さすが!〉のひと言でしょう」(ドラマ制作会社関係者)

 そんな杉咲もさることながら、杉崎の相手役の“森生”を務めた俳優の杉野遥亮(26)の“愛くるしさ”にも注目が集まった。〈このドラマで(杉野の)名前と顔が一致した〉なんて声も多く、杉野にとっては出世作となったようだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか