鈴木伸之は恋愛する暇もなし? 超売れっ子が重宝される納得の理由

公開日: 更新日:

 一服の清涼剤となったようだ。15日に最終回を迎えた、杉咲花(24)主演の連ドラ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」(日本テレビ系)。放送中には〈あったかくていいドラマ〉〈ほほ笑ましい〉〈見ていると優しい気持ちになれる〉なんて声が視聴者から書き込まれていた。多くの視聴者に愛されたドラマだったことがよく分かる。

「『朝ドラのヒロインを演じると、イメージが固定されて次の出演作選びが難しい』、というのは昔から業界内でささやかれる話。実際、ヒロインを演じたものの、その後は役者としてはパッとしなくなってしまった女優さんもいます。ところが、杉咲さんは今年5月まで放送された『おちょやん』の千代から、『恋です!』のユキコにごく自然に移行できた。あの演技力は〈さすが!〉のひと言でしょう」(ドラマ制作会社関係者)

 そんな杉咲もさることながら、杉崎の相手役の“森生”を務めた俳優の杉野遥亮(26)の“愛くるしさ”にも注目が集まった。〈このドラマで(杉野の)名前と顔が一致した〉なんて声も多く、杉野にとっては出世作となったようだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

  4. 4
    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

  2. 7
    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

  3. 8
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  4. 9
    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

  5. 10
    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情

    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情