ラサール石井
著者のコラム一覧
ラサール石井タレント

1955年、大阪市出身。本名・石井章雄(いしい・あきお)。鹿児島ラ・サール高校から早大に進学。在学中に劇団テアトル・エコー養成所で一期下だった渡辺正行、小宮孝泰と共にコント赤信号を結成し、数多くのバラエティー番組に出演。またアニメの声優や舞台・演劇活動にも力を入れ、俳優としての出演に留まらず、脚本・演出も数多く手がけている。石井光三オフィス所属。

野添義弘はNHK大河「鎌倉殿」でブレークするか? 志村けんさんがお気に入りの実力派

公開日: 更新日:

 半年以上の難産だった舞台の脚本が完成し現在稽古中だが、ここにきてコロナがまさに感染爆発。他劇団の公演中止が相次ぎ、芸人たちの濃厚接触者も急増。近い知り合いにも増えてきて、ヒタヒタとくるぶしぐらいまで水位が上がってきている実感。役者にも家族やバイト先など社会生活がある。いつでも濃厚接触者になる可能性がある。粛々と稽古は続けるが、戦々恐々の日々。

 乗っ取られたTwitterに関して。Twitter社は何もしてくれないということが分かった。ユーザーは顧客ではないという考えかららしい。13万フォロワーは諦め、一から新アカウントを立ち上げた。ここからまた地道に呟いていくしかない。フォロー&拡散お願いします。

 アカウントは後述。

 NHKの大河「鎌倉殿の13人」が始まった。三谷幸喜氏らしい軽妙な滑り出し。なかなか快調である。私のお目当ては劇団SET所属の安達盛長役、野添義弘さん。私の舞台にもたくさん出てもらっていた実力派。亡くなった志村けんさんの「志村魂」のレギュラーでもあり、志村さんの大のお気に入りでもあった。その「志村魂」を見に来た三谷さんが楽屋を訪ね「いつかご一緒したい」と言われた約束が今回実ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

  2. 2
    セレブ経営者4人が緊急事態宣言中に集団ワイセツ 六甲山の別荘でやりたい放題の一部始終

    セレブ経営者4人が緊急事態宣言中に集団ワイセツ 六甲山の別荘でやりたい放題の一部始終

  3. 3
    満島ひかり&多部未華子の女優としての「賞味期限」…キムタクvs二宮“子弟対決”の明暗分ける

    満島ひかり&多部未華子の女優としての「賞味期限」…キムタクvs二宮“子弟対決”の明暗分ける

  4. 4
    渋谷・道玄坂“日本最大級”のハプニングバーで行われていた酒池肉林の世界

    渋谷・道玄坂“日本最大級”のハプニングバーで行われていた酒池肉林の世界

  5. 5
    日本最大級のハプニングバー摘発に疑問の声が…どこが犯罪になったのか?

    日本最大級のハプニングバー摘発に疑問の声が…どこが犯罪になったのか?

もっと見る

  1. 6
    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

  2. 7
    安達祐実“完全別居”の真相は? 元ステージママの有里さんを直撃すると…

    安達祐実“完全別居”の真相は? 元ステージママの有里さんを直撃すると…

  3. 8
    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

  4. 9
    エンゼルスのライバル球団がはじく「大谷翔平MVP効果」 観客動員苦戦で集客力を当てに

    エンゼルスのライバル球団がはじく「大谷翔平MVP効果」 観客動員苦戦で集客力を当てに

  5. 10
    島田紳助は芸能界に未練タラタラ? キッパリ引退した上岡龍太郎とは“彼我の差”

    島田紳助は芸能界に未練タラタラ? キッパリ引退した上岡龍太郎とは“彼我の差”