児玉愛子
著者のコラム一覧
児玉愛子韓国コラムニスト

韓流エンタメ誌、ガイドブックなどの企画、取材、執筆を行う韓国ウオッチャー。新聞や雑誌、Webサイトで韓国映画を紹介するほか、日韓関係についてのコラムを寄稿。Webマガジン「オトナの毎日」でイラストエッセー【毎日がエンタメ】を連載中。

カンヌで快挙も…映画「ベイビー・ブローカー」に韓国人が感情移入できないワケ

公開日: 更新日:

 是枝裕和監督の最新作「ベイビー・ブローカー」(24日・金からTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー)は主演のソン・ガンホがカンヌ国際映画祭で最優秀男優賞を受賞。是枝監督が手掛けた初の韓国映画で、韓国人俳優が初の最優秀男優賞に輝いた。映画は“ベイビーボックス”と呼ばれる赤ちゃんポストに自身の赤ん坊を預けた若い女性と、その赤ん坊を連れ去ったブローカーたちとの、養父母探しの不思議な旅を描いている。

 日本の赤ちゃんポストと同じように、韓国のソウルにも両親が育てられない赤ちゃんを匿名で預かる「ベイビーボックス」が設けられている。利用件数は少なくないそうで、映画のようにポストに赤ちゃんを預けにくる母親は後を絶たない。

 かつてはこうした施設で育った子どもたちが海外の里親と養子縁組し、海を渡るケースも多かったという。朝鮮戦争で親を亡くした子どもも大勢いて、半世紀以上前は年間に数千人もの赤ん坊が養子となり、国際社会からは“赤ん坊の輸出国”と批判された時代もあった。

 政府が規制を厳しくして以来、海外での養子縁組は激減し、今は数百人にとどまっているというが、施設は常に満員状態だそうだ。韓国人が里親になるのが一番だが、韓国人にとって重要なのはやはり血縁関係。他人の子どもを育てることには抵抗があるようで、現実的にはそう簡単ではないという。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  2. 2
    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

  3. 3
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

  4. 4
    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

  5. 5
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  1. 6
    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

  2. 7
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  3. 8
    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

  4. 9
    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う