てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年生まれのテレビっ子ライター。「芸能界」というビジネスは、いかにして始まったのか。貴重な証言を収録した「芸能界誕生」(新潮新書)。伝説の番組「アメリカ横断ウルトラクイズ」を基に描く青春群像ノンフィクションノベル「史上最大の木曜日 クイズっ子たちの青春記」(双葉社)。2つの最新著が絶賛発売中!

常に押しかけるように築き拓いた 中尾ミエの人間関係と自らの道

公開日: 更新日:

「私の人生、全部押しかけ」(中尾ミエ/テレビ朝日系「激レアさんを連れてきた。」6月24日放送)

 ◇  ◇  ◇

 番組で「真の芸能界最強の人」と紹介された中尾ミエ(76)。彼女は少女時代から「のど自慢荒らし」として、のど自慢大会で優勝し続け、家計を支えるために米軍基地などで歌い始めた。やがて、自ら当時最大手の芸能事務所・渡辺プロに連日出向き、契約を勝ち取り、デビュー曲「可愛いベイビー」がいきなり大ヒット。一躍スターの座に上り詰めた。

 そんな中尾が自らの芸能人生を表して語ったのが今週の言葉だ。その後も、先輩からイジメられていた和田アキ子を救ったり、彼女の厳しい「教育」のためにマネジャーが長続きせず、事務所内で1周して誰も成り手がいなくなり、ついには自分でマネジメントするようにもなったなど、強くて自由な生き方が紹介された。

 近年はグレーヘアが印象的だ。「白髪は染めなきゃだめ」というこだわりを捨てたら、楽になったという。発想を変えて黒髪を白髪に合わせようと、今では黒髪を白く染めてバランスを整えている。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    西武フロントの致命的欠陥…功労者の引き留めベタ、補強すら空振り連発の悲惨

    西武フロントの致命的欠陥…功労者の引き留めベタ、補強すら空振り連発の悲惨

  2. 2
    西武の単独最下位は誰のせい? 若手野手の惨状に「松井監督は二軍で誰を育てた?」の痛烈批判

    西武の単独最下位は誰のせい? 若手野手の惨状に「松井監督は二軍で誰を育てた?」の痛烈批判

  3. 3
    巨人・小林誠司の先制決勝適時打を生んだ「死に物狂い」なLINE自撮り動画

    巨人・小林誠司の先制決勝適時打を生んだ「死に物狂い」なLINE自撮り動画

  4. 4
    全国紙が全国紙でなくなる?「新聞販売店」倒産急増の背景…発行部数の激減、人手不足も一因に

    全国紙が全国紙でなくなる?「新聞販売店」倒産急増の背景…発行部数の激減、人手不足も一因に

  5. 5
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  1. 6
    日本ハムは過去2年より期待できそう 新外国人レイエスが見せつけた恐るべきパワー

    日本ハムは過去2年より期待できそう 新外国人レイエスが見せつけた恐るべきパワー

  2. 7
    大谷はアスリートだった両親の元、「ずいぶんしっかりした顔つき」で産まれてきた

    大谷はアスリートだった両親の元、「ずいぶんしっかりした顔つき」で産まれてきた

  3. 8
    【中日編】立浪監督が「秘密兵器」に挙げた意外な名前

    【中日編】立浪監督が「秘密兵器」に挙げた意外な名前

  4. 9
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  5. 10
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗