三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

叙々苑の社長が書いた「焼肉一代」がとても面白かった!

公開日: 更新日:

 焼き肉は皆さんお好きですよね? 今回はベジタリアンの方には全く響かない内容になってしまいますが、焼き肉叙々苑のお話です。

 先日叙々苑大宮門街店オープンにちなんで叙々苑さんとお仕事をさせていただきました。焼き肉の最高峰で高級焼き肉の象徴叙々苑。芸能人御用達でゴルフコンペがテレビ中継されちゃう叙々苑。家族で叙々苑に行くことになったら大好きな彼氏とのデートを取りやめにするほどの魅力を持った焼き肉屋。私は最近やっと自分のお金で行くことができるようになりました。若い頃からごちそうになってた頃は全く知りませんでしたが、自分で払ってみるようになって初めて知る叙々苑の金額。正直高いです。普通の焼き肉屋で払うのより1人あたま3000~4000円は高い感じ。でも損した感じは全くなく、むしろ納得の金額なんですよね。

 今回の仕事でお世話になった叙々苑の偉い人から本を送っていただき先日読み終えました。叙々苑の社長が書いた「焼肉一代」、これがとても面白かったんですよ。苦労話はほとんど出てこなくて、むしろ全国の焼き肉屋さん必読と言えるほどの人気店のノウハウ一挙公開の秘伝書といったところ。叙々苑トリビアも盛りだくさんで「タン塩レモンを最初に考えた」とか「叙々苑のロゴを書いたのは爆笑問題太田光の父親」とか「カルビは本当にあばら部分の肉しか使ってない(カルビとは韓国語でアバラ)」等々。肉がおいしいだけなら精肉店で十分、タレがおいしくなければ焼き肉の意味がないという社長のポリシー。サービスに対してのこだわり、特に家族客には自身の経験をふまえて特に手厚い理由も面白かったです。これを同業者に読んでもらってまずい焼き肉屋を一軒でも減らそうという焼き肉のドンらしい業界全体への啓蒙活動のような本でした。

 焼き肉屋ではない私ですが焼き肉の歴史から経営哲学まで、これを読んでから叙々苑に行けば今までより3倍以上楽しめるはず。そしてこれからも叙々苑に行けるようにしっかり仕事で稼がないとね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

  2. 2
    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

  3. 3
    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  4. 4
    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

  5. 5
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  1. 6
    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

  2. 7
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  3. 8
    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

  4. 9
    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

  5. 10
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声