"わくまゆロス"から半年「NHK紅白」司会を大予想! 本命が桑子真帆アナなら大穴は…?

公開日: 更新日:

 今夏の出産に向け4月から産休に入ったNHKのエース・和久田麻由子アナ(33)が画面から去って半年。“わくまゆロス”は続いており、「ポスト和久田」についてもたびたび報じられているが、そろそろ気になるのが、昨年、和久田アナが務めた大みそかの紅白歌合戦の司会について。

「和久田アナが無事出産となっても、産休明けのスピード復帰でいきなり紅白の司会を担当するとは考えにくい」(テレビ局関係者)というから、他のアナウンサーにバトンタッチする可能性は高いが、和久田以外の司会候補についてスポーツ紙芸能担当記者はこう話す。

「やはり、和久田アナと人気を二分する桑子真帆アナ(35)じゃないですかね。ここ3年は和久田→桑子→和久田と交互に担当しており、その流れから言えば、今年は桑子の年です。それ以前にも、桑子は2017年、18年にも総合司会を務めており、安定感は十分。紅白は昨年から、『紅組司会』『白組司会』『総合司会』という枠を外し、大泉洋川口春奈、和久田の3人ですべての出演者を応援する『司会』となりました。今年も、タレント司会者は、大河や朝ドラ絡みの人選が予想されますが、桑子アナなら、誰と組んでもそつなく進行できそうですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 3
    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

  4. 4
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 5
    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

  1. 6
    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

  2. 7
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  3. 8
    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

  4. 9
    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

  5. 10
    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?

    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?