唐田えりか“アンチの声”はね返す完全復活 こぼれる涙に「お帰り!」と迎えたファンの声

公開日: 更新日:

 11月26日に主演映画「の方へ、流れる」の初日舞台挨拶に登場した女優の唐田えりか(25)。20年1月に当時既婚者だった俳優・東出昌大(34)との不倫が公になり、出演していたTBS系ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」を第2話で降板。一時は、「芸能界から消えた」とも囁かれたが、完全復活の兆しだ。

 もっとも、3年近く経った今も過去にこだわり続ける人も一部いるようで、ネットでは《謝罪してないですよね?》《演技でお返しじゃなくて…最初に謝罪するべきだと思います》《ん? なんか違うような……。支えてくれた人のために恩返し?》といったアンチの声も集まった。

 しかし、今回は唐田に勝算が見える。

「さすがマネジメント力に長けたフラームといったところでしょうか。唐田さんの所属事務所の対応の良さが際立ちます。騒動後、彼女を表に出さず、すぐに引っこめた。あれが懸命な判断だったと思います。この2年間はコロナ禍で映画、ドラマ業界も大変な時期だったので、その間に禊ぎ期間が重なったのも功を奏したのではないでしょうか。唐田さんは名実共にこれからの女優です。そんな彼女の復帰作が、この自粛期間にどれだけメディアに取り上げられてきたことか。『女子プロレスラー役のために激太りした』とか『デリヘル嬢を演じる』とか。これだけ出演作を取り上げられるのであれば、同時に話題性も狙った出演オファーが増えるでしょう」(大手芸能プロ関係者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ