著者のコラム一覧
高倉文紀美少女・女優評論家

札幌市生まれ。女優評論家。Webサイト「タレントパワーランキング」(アーキテクト=https://tpranking.com/)、雑誌「日経エンタテインメント!」(日経BP社)などで女優や女性アイドルなどの取材・分析を手がける。映画パンフレット、芸能プロダクション・企業向け分析リポートの執筆も担当。note個人クリエーターページ(https://note.com/tokyodiorama/)。

北川景子はクールビューティーも温和なキャラも両方ハマる“絵になる女優”

公開日: 更新日:

北川景子(36歳)/「女神の教室~リーガル青春白書~」(フジテレビ系)

 2023年1月期の連ドラでは30代の女優が存在感を見せている。注目の三十路女優たちのオトナの魅力を分析するとともに、過去に取材したときに感じた意外な素顔を紹介したい。

 フジテレビの看板ドラマ枠“月9”で放送中の「女神の教室~リーガル青春白書~」で主演しているのは、北川景子。月9初主演となる今回は、法科大学院の派遣教員を任命され奮闘する裁判官を演じている。

 北川景子は1986年8月22日生まれ、兵庫県出身。同じ1986年生まれの女優には杏・安藤サクラ石原さとみ上野樹里比嘉愛未らがいる。

 03年にドラマ「美少女戦士セーラームーン」(TBS系)で女優デビュー。16年には歌手・タレントのDAIGOと結婚して話題を集めた。

 23年のNHK大河ドラマ「どうする家康」にもお市役で出演している。

 北川景子の強みは、ヒット作「家売るオンナ」(日本テレビ系)や大河ドラマ「西郷どん」で演じた役に代表されるクールで毅然とした女性も、今回の「女神の教室」で演じているような温和でにこやかなキャラクターの人物も、両方ハマる女優だという点だ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント