芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

橋本環奈は恋愛報道での“共演NG”を覆した! 平野紫耀に次ぐ「相棒」は目黒蓮か松村北斗?

公開日: 更新日:

 橋本環奈(23)と『ジャニーズWEST』重岡大毅(30)がダブル主演する『禁じられた遊び』(9月8日公開予定)が情報解禁された。これを受けてSNSでは、《重岡くん映画おめでとう! 環奈ちゃんとの共演嬉しい》《重岡大毅×橋本環奈って最高!》といった歓喜の声が多数上がり、“新コンビ誕生”にファンが沸いている。

 実は今回の情報解禁の少し前まで、橋本とジャニーズ事務所所属のアイドルたちとの共演は、少なくともしばらくの間はないだろうと芸能記者の間で囁かれていた。その理由は昨年10月に飛び出した、橋本と中川大志(24)の“愛犬同伴お泊り”報道。

 たくさんの男性アイドルを擁するジャニーズ事務所には暗黙のルールが存在し、「恋愛スキャンダルを起こしたり、それに準ずる行為をした女優との共演はNG」と言われている。ところが、あの報道があったにもかかわらず、『禁じられた~』で橋本と重岡の共演が実現した。

■橋本の圧倒的な好感度と貢献度

「橋本が共演NGを覆したのは、やはり昨年暮れの『紅白歌合戦』でのMCとしての高評価を得たことが大きいと思います。圧倒的な好感度の高さが、中川とのスキャンダルを押し退けたと解釈するのが常識的な見方でしょうね。さらに橋本は嵐の櫻井翔(40)の主演ドラマ『ネメシス』にも特別出演するなど、ジャニーズ事務所に対する貢献度が高いのです」(芸能界関係者)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

  2. 2
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 3
    2024年初夏注目のCM美女「次のブレーク候補」6人の名前と魅力 女優評論家がピックアップ

    2024年初夏注目のCM美女「次のブレーク候補」6人の名前と魅力 女優評論家がピックアップ

  4. 4
    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

  5. 5
    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  1. 6
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 7
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 8
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代