碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」、倉本聰との共著「脚本力」ほか。

「忍者に結婚は難しい」の物足りなさ 菜々緒の個性が生かされていない

公開日: 更新日:

 菜々緒主演「忍者に結婚は難しい」(フジテレビ系)も第3コーナーに差し掛かってきた。

 薬剤師だが実は甲賀忍者の蛍(菜々緒)。郵便局職員で伊賀忍者の悟郎(鈴木伸之)。2人は互いに相手が忍者であることを知らずに結婚生活を送っていた。

 そこに事件が起きる。悟郎たちが警護する与党政治家が殺害されたのだ。伊賀は蛍が犯人で甲賀忍者ではないか、そして夫の悟郎は裏切り者ではないかと疑う。2人は伊賀の追及をかわしつつ、真犯人を見つけようとする。

 このドラマ、のんびりと眺めている分には楽しめる一本だ。ただ、ちょっと物足りない。蛍のキャラクターが平板で、菜々緒の個性が生かされていないのだ。蛍の姉で競馬ジョッキーの楓(ともさかりえ)や、妹でインフルエンサーの雀(山本舞香)のほうが、よほどキャラ立ちしている。そこがモッタイナイ。

 菜々緒にとっては、2018年の「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」(日本テレビ系)以来の民放ドラマ主演作なのだ。もっと魅力的に見せてあげるべきではないか。たとえば忍者姿も、黒のパンツと黒の長そでシャツ、黒い帽子と黒マスクじゃ、誰だかわからない。

 ドラマのコンセプトは“忍者ラブコメディー”だそうだが、「忍者」も「ラブ」も「コメディー」も中途半端で残念。終盤では菜々緒らしさを前面に押し出してほしい。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  2. 2
    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

  2. 7
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 8
    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ