著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」、倉本聰との共著「脚本力」ほか。

今や亀梨和也の代表作と言っていい「正義の天秤 season2」 丁寧な演技と逆転劇のカタルシス

公開日: 更新日:

 元外科医の異色弁護士、鷹野和也(亀梨和也)の再登場だ。NHK土曜ドラマ「正義の天秤 season2」である。鷹野は恩人の佐伯弁護士(中村雅俊)が急死した事務所に助っ人として入った。呼んだのは佐伯の娘で弁護士の芽依(奈緒)だ。

 第2話では人気俳優・泉(矢野聖人)の覚醒剤所持事件が扱われた。泉は「警察にハメられた」と主張するが、薬物常習者であることも分かっている。そんな泉を弁護することに悩む芽依。彼を逮捕した山本警部補(田中要次)に過剰捜査の有無を確認するが、山本は自殺してしまう。

 超自信家で傲岸不遜な鷹野。今回も芽依はポンコツ扱いだ。「弁護士なら感じるな、考えろ!」とブルース・リーの逆を説く。そして法廷では、山本を助けようと違法捜査に手を出した女性警察官に向かって、「正義と関わる者は、何が正しくて何が間違っているのか、わからなくなることがある。そんな時、大事なことは徹底的に悩むことだ」と語りかける。

 違法捜査による証拠は効力を持たない。幹や根に毒があれば、果実も有毒と見なされる。それが「毒樹の果実」だ。この時は無罪となった泉だが、結局は後に逮捕された。

 亀梨は、感情を表に出さない鷹野の内面まで丁寧な演技で表現している。だからこそ、法廷での逆転劇に強いカタルシスが生まれるのだ。今や亀梨の代表作と言っていい。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント