市川猿之助「逮捕」の可能性 遺書らしき書き置き、救急搬送、両親死亡…謎だらけの“点と線”

公開日: 更新日:

 歌舞伎俳優の市川猿之助さん(47)と父親の市川段四郎さん(76)、母親(75)が自宅で倒れている状態で見つかり、緊急搬送されたのは18日午前のことだった。東京・目黒区の現場周辺には黄色い「立ち入り禁止」のテープが張り巡らされ、物々しい雰囲気に包まれた。

 救急搬送時、猿之助さんは意識がもうろうとしていて、倒れていた半地下の自室には本名で書かれた遺書のような書き置きがあったという。命に別条はないが、こうした状況から自殺を図ったとみられている。

 また2階のリビングであおむけに倒れていた両親に目立った外傷はないものの、母親は現場で死亡が確認され、父段四郎さんは搬送先で死亡。死因はまだわかっていないが2人には布団がかけられていたという。今月28日まで明治座で予定していた主演の歌舞伎座長公演は、昼の部の代役に市川中車の長男・團子を起用することが発表された。

 19日にも両親の遺体の司法解剖が実施されるが、「猿之助さんは逮捕される可能性が高い」というのはアトム市川船橋法律事務所の髙橋裕樹弁護士だ。

「無理心中や自殺幇助の可能性があり、再度の自殺企図のための逃亡の可能性や、責任能力があったかどうかの鑑定の必要性もあるからです。現在のところ両親は自殺したのかどうか分かりませんが、両親には布団がかけられていたという報道もありました。もし猿之助さんが何らかの形で自殺に関与していたのであれば、自殺幇助罪にはなると思います。あくまで被疑事実ですから本格的な捜査はこれからです」

■女性セブンがパワハラ、セクハラ報道

 自宅玄関のカギは開いた状態だったものの、家の中を物色された形跡はなく、第三者が侵入した形跡はないため、一家無理心中か、殺人か、また別の何かが起きたのか。だとしたら、その理由は何かーー。点と線を結ぶものとして、取り沙汰されているのがセクハラ、パワハラ疑惑だ。猿之助さんは澤瀉屋の弟子たちに「おまえらは家畜だよ」と怒鳴り散らしたりしたほか、同性の年下俳優やスタッフらに性加害に及んでいたと発売中の女性セブンは伝えた。

 旧態依然とした上下関係のなか、圧倒的優位な立場からのハラスメント行為で、それを拒否した俳優は公演などから排除されるといった証言が報じられた。搬送された18日はその記事を掲載した女性セブンの発売日であった。

「梨園は閉じられた世界ですから、内部でそういうことがあってもおかしくはない。とはいえ、今回の報道が一家心中に即つながるとも思えない」と歌舞伎界に詳しいマスコミ関係者は言い、こう続けた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  1. 6
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 8
    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

  4. 9
    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

  5. 10
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル