桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

藤本美貴がトップ独走も群雄割拠 これからのママタレ戦国時代を勝ち抜くのは誰だ?

公開日: 更新日:

 石を投げればママタレに当たる……。テレビはまさにママタレ戦国、群雄割拠時代。次々にママタレが現れ、しのぎを削る。2日「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)でも「ママタレ波瀾万丈~令和の最強ママタレ大集結!2時間SP」と題し、ママタレが一堂に会した。

 藤本美貴を筆頭に東尾理子小倉優子横澤夏子すみれ、キンタロー。、野々村友紀子、中村仁美……。なんと、8人のSNS総フォロワー数は約376万人、昨年のテレビ出演総本数は1293本というから驚く。

 番組では「ママタレ界に影響を与えた4人のパイオニア」と題してアグネス・チャン、武田久美子辻希美、東尾を挙げていた。

「貝殻水着」の武田がどれほどの影響を与えたのか不明だが、それ以外はおおむね納得。その場に辻ちゃん不在もレジェンド扱いは納得だ。

 ところで、この中でもっとも活躍しているママタレといえばミキティこと藤本。「夫が寝たあとに」(テレビ朝日系)では横澤夏子とMCを担当し、「ママの本音を語り合い、育児や家事そしてパパに対する日頃のストレスを発散!」する番組で歯切れのいいしゃべりっぷりで子育て世代の支持を集めている。

「金スマ」では夫・庄司智春の持ちギャグ(!?)「ミキティ~」は実はビジネスミキティで、実は「美貴ちゃん」と呼ばれていると告白。稼ぐ妻のおかげで庄司も安泰?

 夫の芸人つながりでは元フジテレビの中村仁美も重宝されている。現在元局アナも飽和状態だが、中村の場合、夫がさまぁ~ず大竹一樹ということでママタレ元局アナとしてはいささか有利。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

  3. 3
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 4
    「自由が丘デパート」で食堂とスナックに…おじさんたちの楽園に入ってみると

    「自由が丘デパート」で食堂とスナックに…おじさんたちの楽園に入ってみると

  5. 5
    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

  1. 6
    オリックスで再起誓う吉田輝星が胸中吐露…「心を入れ替え、笑ってシーズンを終えたい」

    オリックスで再起誓う吉田輝星が胸中吐露…「心を入れ替え、笑ってシーズンを終えたい」

  2. 7
    大関・貴景勝「頚椎負傷」で休場届、8度目カド番確定も…“まだ引退できない”複雑事情

    大関・貴景勝「頚椎負傷」で休場届、8度目カド番確定も…“まだ引退できない”複雑事情

  3. 8
    キムタク主演の4月期ドラマを巡るドタバタ…テレ朝の間に微妙なすきま風→心はTBSへ

    キムタク主演の4月期ドラマを巡るドタバタ…テレ朝の間に微妙なすきま風→心はTBSへ

  4. 9
    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

  5. 10
    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ