芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

BTSファンが指摘 「Snow Man新曲『LOVE TRIGGER』オープニングが『Dynamite』に似てる?』論争の行方

公開日: 更新日:

 実はSnow Manファンの通称“すの担”とBTSファンの通称“アーミー”の一部の間では、数年前からそれぞれの楽曲や振り付けに対し、相性の悪さを露呈するSNS上での書き込みが見受けられてきた。

 大きな話題になったのは2020年12月に発売された「GQ JAPAN」でSnow Man・阿部亮平(30)がインタビューに答えた「BTSさんがビルボードで1位になったニュースを見たんですが、Snow Manもあそこまで行けると思っています」という発言だった。

 これに一部のアーミーたちが大激怒。「BTSみたいになりたいじゃなくて“BTSができたから僕たちもできる”ってどんな上から目線?」「この子たち、MVがK-POPのパクリっていわれているグループでしょ。何で日本のグループじゃないBTSを意識してんの? 気分悪い」といった書き込みが相次ぎ、現在まで“静かな緊張状態”は続いているといわれている。

 ただそういったファン同士の緊張状態を知ってか知らずか、昨年9月には「めざましテレビ」(フジテレビ系)にBTSのV(28)が初めてのソロアルバムを出したプロモーションで登場。この対談相手がSnow Man・目黒蓮(27)という特別企画がオンエアされた。筆者が番組を見た限り、対談というより、昨年デビュー10周年を迎えた世界のBTSメンバーに、デビュー4年目のSnow Manメンバーがインタビューさせてもらったという印象が否めなかったが、最後にはお互いの愛犬のノロケ話まで交わすほど打ち解けた仲になったようにも映った。

 男性ボーカル&ダンスグループとして世界の頂点にいるBTSをリスペクトしつつ、違う個性を打ち出したいのがSnow Manの本音だろうが、果たして今回の論争の行方はどうなるのか? “すの担”と“アーミー”の新たなる火種にならないことを祈るばかりだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

  2. 2
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 3
    苦労人の巨人元ドラ1堀田賢慎「5年目の覚醒」はなぜ起きた...背後にいる5人の重要人物

    苦労人の巨人元ドラ1堀田賢慎「5年目の覚醒」はなぜ起きた...背後にいる5人の重要人物

  4. 4
    仲野太賀に注目!NHK朝ドラ「虎に翼」で寅子と結婚…そして、もうすぐ“優三ロス”が起こる

    仲野太賀に注目!NHK朝ドラ「虎に翼」で寅子と結婚…そして、もうすぐ“優三ロス”が起こる

  5. 5
    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

  1. 6
    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

  2. 7
    ドジャース大谷が「12億円豪邸」を購入したワケは? 通勤や将来の子育てに最適の声も

    ドジャース大谷が「12億円豪邸」を購入したワケは? 通勤や将来の子育てに最適の声も

  3. 8
    仲野太賀を絶賛する父・中野英雄 2人の父子共演を阻むのか? “絶縁宣言”後も付きまとうイメージ

    仲野太賀を絶賛する父・中野英雄 2人の父子共演を阻むのか? “絶縁宣言”後も付きまとうイメージ

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    高橋一生を落とした森川葵 「公開告白」の意外なメリット

    高橋一生を落とした森川葵 「公開告白」の意外なメリット