二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

山﨑賢人に漂う“若き日の真田広之”のオーラ…「アクション俳優」の座は確立間近

公開日: 更新日:

 昨年11月3日に公開された「ゴジラ─1.0」の大ヒットでアニメに押されがちだった実写映画が見直され出した。昭和の映画評論家・水野晴郎の名言を借りれば「映画って本当にいいものですね」の時代の再来も夢ではない。

 映画・ドラマ界を支える俳優陣も人材豊富。特に将来を支える若手には菅田将暉、来年の大河に主演する横浜流星、小栗旬、佐藤健と主役級が揃う。使う側が、事務所に忖度などしなければ、誰を起用するかで悩み、俳優にとっては競争が激化する可能性もある。

「イケメン俳優もすでに飽和状態。プラスアルファとなるアピール材料がなければ、思うような仕事に就けなくなる」と映画関係者は言う。実際、若手俳優の動きに変化が見られる。松坂桃李は来年公開の「雪の花-ともに在りて-」で役所広司と5度目の共演。名優との共演で芝居を学び、将来につなげる覚悟がうかがえる。

 ヒット中の「ゴールデンカムイ」で主人公の「不死身の杉元」を演じている山崎賢人も注目される。人気漫画を実写化するにあたり、誰が適役か喧々囂々あったが、「キングダム」シリーズで見せたアクション俳優としての実績が評価された。山崎は4月から「陰陽師0」が公開。夏には「キングダム4」と、今年だけで3本連続でアクション映画に主演。映画界から高い評価を受けている証しだ。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    西武フロントの致命的欠陥…功労者の引き留めベタ、補強すら空振り連発の悲惨

    西武フロントの致命的欠陥…功労者の引き留めベタ、補強すら空振り連発の悲惨

  2. 2
    西武の単独最下位は誰のせい? 若手野手の惨状に「松井監督は二軍で誰を育てた?」の痛烈批判

    西武の単独最下位は誰のせい? 若手野手の惨状に「松井監督は二軍で誰を育てた?」の痛烈批判

  3. 3
    巨人・小林誠司の先制決勝適時打を生んだ「死に物狂い」なLINE自撮り動画

    巨人・小林誠司の先制決勝適時打を生んだ「死に物狂い」なLINE自撮り動画

  4. 4
    全国紙が全国紙でなくなる?「新聞販売店」倒産急増の背景…発行部数の激減、人手不足も一因に

    全国紙が全国紙でなくなる?「新聞販売店」倒産急増の背景…発行部数の激減、人手不足も一因に

  5. 5
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  1. 6
    日本ハムは過去2年より期待できそう 新外国人レイエスが見せつけた恐るべきパワー

    日本ハムは過去2年より期待できそう 新外国人レイエスが見せつけた恐るべきパワー

  2. 7
    大谷はアスリートだった両親の元、「ずいぶんしっかりした顔つき」で産み落とされた

    大谷はアスリートだった両親の元、「ずいぶんしっかりした顔つき」で産み落とされた

  3. 8
    【中日編】立浪監督が「秘密兵器」に挙げた意外な名前

    【中日編】立浪監督が「秘密兵器」に挙げた意外な名前

  4. 9
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  5. 10
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗