追悼・山本陽子さん 大の日本酒党…美人女優がインタビューで語った豪快酒談議

公開日: 更新日:

 日本を代表する美人女優、山本陽子さんが急死したのは2月20日。81歳だった。

 山本さんというと、かつて交際していた田宮二郎や沖田浩之の名前が浮かぶが、芸能界では日本酒好き、麻雀好きとしても知られた。本紙「私の酒人生」にご登場いただいたのは2010年。取材場所は事務所が近い、小田急線代々木八幡駅前のカフェ。大物女優がカフェで、宣伝や告知もない酒談議の取材に応じてくれたことに恐縮し、お年とはいえ、目の前に現れた山本さんはまばゆいばかりで、伏し目がちにお話を伺った。

 野村証券のOLを経て第7期のニューフェースとして日活入り。当初はアルコールを口にすることもなく、飲み始めたのは30歳前後。だが、飲めるようになってからは日本酒を冷やで一升空けたことも。それでも「たいして酔っぱらわなかった」というから、酒豪の素質ありだった。

 その頃のお気に入りは静岡の「磯自慢」。器にも凝っていた。信楽、萩、益子、備前などのぐい飲みをコレクションし、気に入ったのを選んで「マイちょこ」として持ち歩いていた。

 失敗談もある。奈良で行われたロケでの話。前日にホテルの部屋で日本酒とブランデーをチャンポンしてしまった。翌日は朝6時スタート。必死の思いで5時起きし、着物を着て出かけたが、完全な二日酔い。スタッフは、気持ちが悪そうでぐったりしている山本さんを人通りから避けるようにして撮影した。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

  2. 2
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

  3. 3
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

  1. 6
    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

  2. 7
    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

  3. 8
    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮

    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮