二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

田宮二郎さんも…芸能人の自殺はいつも突然で真相は闇の中

公開日: 更新日:

 俳優の三浦春馬さん(享年30)が自殺という衝撃的なニュースが飛び込んできた。自らの意思で命を絶つ。メディアは「なぜ、自殺に至ったのか?」と真相に迫る取材をするが、「仕事に悩んでいた」といった話はあっても、なかなか真実にたどり着けないのが自殺取材の難しさである。共通点があるとすれば、ほとんどの人が前触れもなく、突然であること。

 昔、新宿でスナックのママをしていた元歌手の女性と現役歌手の不倫を取材したことがあった。ママにも取材したが、記事になると突然、抗議の電話が来た(取材には応じたが、記事になると、「こんなはずではなかった」と抗議してくる人は少なくない。ある意味、活字の怖さと思う)。

 抗議の最後に「自殺してやる」と言って電話を切られた。初めて受けた自殺宣告に「本当にされたら……」とかなり慌てた。

 デスクに相談すると、「大丈夫。本当に自殺する人はいちいち連絡してこない。単なる脅しだと思う」と言われた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る