藤井フミヤは移住 生涯仕事より趣味道楽に生きるのもいい

公開日: 更新日:

 藤井フミヤ(56)が熱海市に半移住した。仲のいい木梨憲武と遊んだり、気が向いたら楽器を弾く晴耕雨読の日々を過ごしているという。生涯仕事より、趣味や道楽に生きるのも悪くない。

 老後は「穏やかに」なんてもったいない。残りの人生を遊び倒すのも人間らしい生き方だ。

 内閣府の調査によると、男性47%(女性は28%)が66歳以降も働くことを望んでいる。これでは、死ぬまで税金を搾り取りたい政府の思うツボだ。

 70歳を越えてから2度に及ぶエベレスト登頂を達成した三浦雄一郎さん(86)も、「60歳で引退」を決めていた一人。ところが、リタイアから3年ほどしてから受けた健康診断であまりにも数値が悪く、再び体を鍛え始めた。冒険は世界一の道楽だという。

 芸能リポーターの石川敏男さん(72)はどうか。現在も「朝生ワイド す・またん!」(読売テレビ)、「めんたいワイド」(福岡放送)のレギュラーを持っているが、以前ほど遮二無二働くことはやめてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る