加藤あい「復活」の兆候は“眠れる深田恭子”を呼び覚ますか…かつて堀越高校で同学年同士

公開日: 更新日:

 ここのところ、女優の加藤あい(41)についての情報が頻繁に発信されるようになったことにお気づきだろうか。

 5月15日、加藤はインスタグラムを開設し、「緊張の初投稿」とのメッセージを添えて初ポスト。公開したのはジャケットとパンツ姿の全身ショットなどで、これらの投稿はニュースサイトで報じられるなど大きな反響を呼んだ。その後も本人のインスタグラムの投稿がネットでニュースになり、16日には同日発売の「美ST」7月号に登場、同号からレギュラーモデルを務めることが発表された。

 6月3日には「AERA dot.」が「表舞台から消えていた『加藤あい』が本格復帰」との見出しで記事を配信。関係者の話として「長らく芸能活動をセーブしてきた加藤だが、」と解説しながら、「いよいよ芸能界への本格復帰が期待できそうです」と伝えた。

 確かに、加藤は第1子を出産した2015年を境に芸能活動を徐々に抑え気味にしていた。18年には第2子、22年には第3子を出産し、今や3児の母。このため、昨年4月12日に「VERY NAVY」のインスタグラムに登場した際には、《加藤あいさんがNaVY5月号の誌面に初登場 なかなか世間に登場されなかったのは、昨年、3番目のお子さんを出産されて 現在は子育て優先のライフスタイルを送っているため》というメッセージが添えられていた。

 かつては映画「海猿」シリーズなど人気作に次々と出演していた加藤が復帰すれば、今後はドラマのキャスティングなどに大きなインパクトをもたらす可能性があるが、ファンなら同時に気になるのが、昨年から休業状態が続いている女優の深田恭子(41)への“好影響”だろう。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ