フリーアナ生島ヒロシさん「人生はラグビーボールみたいなもの」

公開日: 更新日:

 TBS出身で、芸能事務所「生島企画室」代表の生島ヒロシさん。今もラジオ番組の生放送「生島ヒロシのおはよう定食・一直線」のパーソナリティーを務めているが、長く第一線で活躍する秘訣は何か。

 先月になりますが、経済評論家の岩本さゆみさんと共著「日本経済 本当はどうなってる?」を出しました。その取材で「健康の秘訣は?」と聞かれ、カイロ健康法と答えたら、これが受けちゃいまして。朝起きて調子が悪かったらカイロを貼るんです。お付き合いのある漢方の先生に「体を冷やすな」と言われたことがきっかけです。調子がよくなったら外し、昼間は貼りません。

 医学博士の石原結實先生と「70代現役!『食べ方』に秘密あり」を2年前に出しましたが、石原先生も冷えを防いで体温を上げると病気が治るという考え方です。先生にはいつも本音をうかがっていて「調子が悪い時はどうすればいいですか」と聞いたら「葛根湯を毎日3包飲みなさい」と言われました。それで毎日葛根湯を飲んでます。

 リスナーの方には「三日坊主ヒロシ」として有名なんですが(笑)、僕の周りにも病気になる方が多いので、今はマジメに運動をやろうということで、毎朝、番組が終わったらプールに行って100メートル泳いでいます。100メートル? って思うでしょ。何百キロも走る間寛平さんに「僕も運動しているんですよ、毎朝100メートル泳いでます」って言ったら思いっきりコケていましたけどね(笑)。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差