田原俊彦さんは15歳でジャクソン5「I Want You Back」に脳天を撃ち抜かれた…MJ見続け48年

公開日: 更新日:

田原俊彦さん(歌手/63歳)

 80年代の最大のアイドルといえば、田原俊彦さん。デビュー曲「哀愁でいと」以来、数々のヒット曲を世に送り出し、今もキレのあるパフォーマンスを披露。歌手としての原点は「キング・オブ・ポップ」マイケル・ジャクソン。15歳でジャクソン5のデビュー曲「I Want You Back」に出合って以来、マイケルのことが今も頭から離れない。

  ◇  ◇  ◇

 高校1年の夏休みの時ですね。僕は早生まれなのでまだ15歳でした。芸能界に入るのを夢見ていたけど、どうやって近づいてその扉を叩けばいいのかわからなかった。歌って踊って女の子にキャーキャー言われるにはどうすればいいのか。それにはジャニーズ事務所だなって、自分で当たりを付けました。

 寿司屋の職人になると言って東京に出て行った同級生がいました。彼に「ジャニーズ事務所はどこにあるんだ」って言って、一緒についてきてもらった。特急あずさ号で甲府から出てきて新宿で落ち合い、地下鉄日比谷線に乗って六本木で降りました。都会のど真ん中に放り出されて右も左もわからない。暑い夏の日差しの中で頭がクルクル回りましたね。

 飯倉片町の事務所まで歩き、ここらしいとわかったけど、事務所に飛び込む勇気はない。声をかけてくれないかなと思いながら、その前を10往復くらいしたかな。そのうち事務所の秘書の方が気がついて、「ボク、何やってんの」と声をかけてくれた。「事務所に入りたくて、山梨の甲府から来ました」とその場で直談判しました。

 すると、「それなら日劇まで行きなさい」と言われ、タクシー代をいただきました。当時はまだ日劇でウエスタンカーニバルをやっていた。たまたま東京にジャニー(喜多川)さんがいらっしゃって、日劇の楽屋口で初めて会いました。ジャニーさんていうから外国人なのかなと思っていたから、「日本人じゃない! 顔が大きいなあ」というのが第一印象です。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方