著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

広末涼子は窮地なのか? 独立から音信不通が続く不穏…水面下で映画撮影が進行中か

公開日: 更新日:

 広末涼子(43)が今年2月に長く所属していた芸能事務所「フラーム」から独立、個人事務所「R.H」を設立した。インスタグラムと同時に公式Webサイトも開設し、「今後も引き続き俳優業に邁進する」というメッセージを発表して順風満帆の船出に見えた。

 ところがその後、ドラマ映画の話はなく、4月にファッションイベントに呼ばれた程度。インスタの更新もまれで、Webで募集している「出演依頼」のページが物悲しく見える。週刊誌には「俳優業を再開する目途が立たず、活動継続に赤信号」だと報じられた。

 そもそも、昨年6月に有名シェフ鳥羽周作氏とのダブル不倫で双方が離婚するという大きなスキャンダルがあった。

 その際、フラームはCM打ち切りなどを受けて広末を無期限謹慎処分としていた。広末とフラームの社長は長く仕事を続けてきただけに、信頼関係があると思っていたが、広末としては「いつ復帰できるの?」という不満もあったようで、今回の独立となったという。

 独立して4カ月、仕事の話が出てこないのは厳しい。知り合いの映画プロデューサーに話を聞いてみた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差