ジブリファン「買収は今夏に向けての布石だったのか?」の疑念…日テレ24時間テレビ放送強行に批判殺到

公開日: 更新日:

 ジブリファンからの怒りの声が続々だ。日本テレビは6月20日、今年の「24時間テレビ」(8月31日~9月1日放送)のテーマが「愛は地球を救うのか?」であると発表した。併せて、毎年発売しているチャリティーグッズ「チャリTシャツ」について、今年はスタジオジブリの宮崎吾朗監督がデザインしたことも明かしたが、これに対し、《ジブリで悪しきイメージを払拭しようとする局の姿勢が気味悪い》といったブーイングが止まらないのだ。

 というのも、24時間テレビをめぐっては、昨年11月に系列局の日本海テレビの元幹部による募金着服が発覚。今年2月には「24時間テレビチャリティー委員会」が再発防止策を発表したが、視聴者の間では《24時間テレビ嫌だな。募金の着服あったのに今年やるの?》といった反対の声が渦巻いていた。そんな中でいわくつきの番組のチャリティーTシャツのデザインをジブリが受注したとあらば、ファンの怒りは相当なものだろう。

 ジブリをめぐっては今回のチャリTシャツについて余計な詮索を招きそうな出来事が起きていた。昨年10月に日テレはジブリの子会社化を実施していたからだ。これを覚えていたジブリファンからは《ジブリを子会社化させた結果がこれか? ふざけてる》《ジブリまで利用するか 子会社化したから好きに使えるもんね》といった、昨年のジブリ買収は今夏に向けての布石だったのではと訝る声が噴出しているのだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差