東京都知事選「過去最多候補者」で頭が痛いテレビ局…“その他大勢”はどこまで報道する?

公開日: 更新日:

 東京都知事選挙はこれまで最多の56人が立候補、選挙管理委員会は選挙ポスターを張る掲示板が足りないとテンテコ舞いだが、テレビ各局が頭を悩ませているのは、蓮舫小池百合子以外のその他大勢をどう扱うかだ。

 はなから当選するつもりなどなく、売名が目的であっても、公正・中立を掲げるマスメディアとしては、すべての候補者を平等に扱わなければならない。しかし、56人を同じように取材して、同じように報じるのは無理だし、そもそも意味がない。かといって、まったく無視もできない。民放の報道番組担当プロデューサーは「困りましたよ」とため息をつく。

「ニュースや情報番組で取り上げる候補者は、まず当落を争っていること、国会に議席を持つ政党がバックアップしている、国会議員や首長の現職・元職などをガイドラインにしていますが、今回の都知事選では蓮舫さんと小池さん以外はほぼ外れます。でも、2人の選挙運動や情勢だけを流し続けるというわけにはいかない。まあ、安芸高田市の前市長の石丸伸二さん、知名度のあるタレントの清水国明さん、元航空幕僚長の田母神俊雄さんあたりまではなんとかギリギリOKというところでしょうかね。つばさの党なんて絶対ダメ」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差