高橋一生「ブラック・ジャック」の不安材料? ドクター・キリコ=石橋静河にやはり疑問の声

公開日: 更新日:

「ただでさえコミックの実写化は原作ファンの“物言い”がつきやすい。中でも手塚治虫先生、それも人気の名作『ブラック・ジャック』となると、いまだに熱狂的なファンが多いだけに見方もシビアになる。ある意味、チャレンジャーですよね」(元漫画誌編集長)

 6月30日夜9時からテレビ朝日ドラマプレミアムで放送される「ブラック・ジャック」を演じるのは、高橋一生(43)。

 これまで実写ドラマがなかったわけじゃない。古くは1981年に加山雄三(87)の連ドラ版があるし、2000年にも本木雅弘(58)が単発ドラマでブラック・ジャックを演じている。

 2011年には岡田将生(34)の単発ドラマもあるのだが、これは「ヤング ブラック・ジャック」という別物だ。

「確か大昔に宍戸錠さんで映画化もされているはずですが、そもそも加山さん版はアレンジが加わりすぎていたので、言葉は悪いですが、原作ファンが“キワモノ扱い”していたことをいまだに覚えています。今だったら確実に炎上しているレベルでしたよね」(前出の元漫画誌編集長)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方