明石家さんま、西川のりお…吉本芸人が粗品“包囲網”展開 物議の“かみつき芸”はネタか本気か

公開日: 更新日:

 お笑い芸人・霜降り明星粗品(31)の“かみつき芸”が波紋を広げている。

 木村拓哉(51)へは、「フジテレビであいさつして無視された時、この距離でキムタクと目が合ったけど、俺の首の角度がせいやと目合ってる時より下やったな」、元雨上がり決死隊宮迫博之(54)へは、「先輩ちゃうやろ。あんなもん」、講談師の神田伯山(41)へは「おもんない」とバッサリ。そのスタンスに吉本の芸人たちが反応している。

 当て逃げ事故を起こし活動を自粛していたが、粗品から「復帰が早すぎる」とイジられていたお笑いコンビFUJIWARAの藤本敏史(53)は、自身のユーチューブチャンネルで、「おい粗品! お前ちょっと調子乗りすぎやな」と発言。さらに宮迫の「お前、アメトーーク!みたいな番組つくったけ?」発言になぞらえて、「お前、ヘキサゴンみたいな番組つくったけ?」と挑発。しかし、相方の原西孝幸(53)から「あれ紳助さんの番組」とツッコまれていた。

 フジモンの発言はネタ臭が強いが、宮迫に毒を吐いた当初は、大御所の明石家さんま(68)も、ラジオ番組で、「あれ、どういうケンカか知らんねんけども、俺は最初2人組んで、狙いでやってると思った」として、「けれど、マジやったら、我々世代、芸能界では考えられない。後輩が先輩を……っていう。吉本じゃないっていったって、お笑い芸人は先輩後輩やから。縦やからな。だから、先輩に対してああいうことを言うっていうのは、本当は間違いやねんけども……」とコメントしていた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方