「石丸構文」は過去の「〇〇構文」を超えた!「生き様が丸出しでキャッチー」と識者指摘

公開日: 更新日:

 東京都知事選挙で165万8363票を獲得して2位となった石丸伸二氏(41)。予想外の健闘で大注目を浴びているのはもちろん、選挙速報での開票速報でのスタジオとのやりとりが妙な形で視聴者の関心を集めている。

 主なものでは、7日に日本テレビ系がYouTubeで配信した「【東京都知事選挙】石丸伸二氏に聞く 今後の政治活動など 小池氏当確」における石丸氏と社会学者の古市憲寿氏(39)との会話シーン。石丸氏が言う「政治屋」という表現をめぐって、古市氏が「批判する政治屋と石丸さん自身がどう違うんですか?」という趣旨の質問を何度も浴びせるも、石丸氏は「何か堂々巡りになっている気がするんですけど、先ほど定義についてはお話ししましたよね」といった回答を繰り返すばかりで真正面から答えることはなかった。

 ネット上では、このやり取りを含め、浴びせられた質問に対してかみ合わない答えをする石丸氏の姿が大きな話題に。いつしか「石丸構文」なる名前がつけられ、これについてタレントのふかわりょう(49)がX(旧ツイッター)で、「【心配】石丸さん、サブウェイ注文できるかな」と投稿する事態に。すると、注文の選択の幅が広いとされる外食チェーン「SUBWAY」でのかみ合わない注文シーンを想定するXユーザーが「大喜利状態」となるなど、都知事選の枠を超えて、本人特有の珍奇なやり取りが注目を集めることとなっている。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」