著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

沖縄アクターズスクール創業者マキノ正幸が切り開いた沖縄が“芸能大国”になる日は近い

公開日: 更新日:

 沖縄アクターズスクール創業者・マキノ正幸氏が6月28日に亡くなった(享年83)。最後に会ったのは2年ほど前だった。

 終の棲家だった沖縄・北谷近郊の一軒家。ガレージには愛車のベンツがあった。こんな話を思い出す。

「当時(1980年代前半)の沖縄でベンツに乗っていたのは私とヤクザぐらい(笑)。治安の悪い時代は金持ちと思われたのか、車の後をつけられたこともあった」

 今は病院と役所の往復だけ運転しているというマキノ氏。相変わらず若々しく、元気そうだった。驚いたのは記憶力。昔の話を昨日のことのように話す。固有名詞も途切れることなく出てきていた。当時は自宅の居間で数人の生徒を教えていた。

「沖縄はまだまだ素晴らしい才能を持った子がたくさんいる。その子たちを発掘して育てられる指導者がいなければ埋もれてしまう。そのためにも頑張りますよ」と将来を語るときの目の輝きは昔と変わらなかった。

 一時、体調を崩し入退院を繰り返していたと聞いていたが、息子や娘のサポートで2022年に「沖縄アクターズスクール大復活祭」を開催。出身アーティストも出演して完全復活の機運も高まっていただけに、無念だったと思う。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで