がん克服の麻美ゆま 「AV女優復帰は白紙」の真相を激白

公開日: 更新日:

 昨年2月に卵巣境界悪性腫瘍を患い、卵巣と子宮を全摘出した麻美ゆま(27)が、半年間に及ぶ壮絶な抗がん剤治療に耐え、活動を再開した。これまでの半生を赤裸々につづった初の自叙伝「Re Start~どんな時も自分を信じて~」(講談社)では、AV女優への復帰は「白紙」とある。その真意を尋ねてみると――。

 今はご覧の通りの“もんちっちヘア”です。抗がん剤の副作用で頭髪が抜けて、人生初のショートヘア。昨年8月に抗がん剤治療が終わったのですが、髪の毛だけでなく、ありとあらゆる体毛が抜けました。下の毛も抜けてツルツルになり…100%脱毛状態。昨年1月ごろ、病気の前兆で体調不良を来すようになり、お腹だけがポッコリ膨らんでいて、他はみるみるうちに痩せこけていった。それはオッパイも例外ではなくて、中学生時代に「Fチャン」なんてあだ名がつけられるぐらい、ずっと大きかったのですが、入院前に購入したブラジャーはEカップ。ですが、今はもう、毛もオッパイも回復基調で、元に戻りつつある。ほぼ普通に生活していますし、はい、元気です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る