日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

がん克服の麻美ゆま 「AV女優復帰は白紙」の真相を激白

 昨年2月に卵巣境界悪性腫瘍を患い、卵巣と子宮を全摘出した麻美ゆま(27)が、半年間に及ぶ壮絶な抗がん剤治療に耐え、活動を再開した。これまでの半生を赤裸々につづった初の自叙伝「Re Start~どんな時も自分を信じて~」(講談社)では、AV女優への復帰は「白紙」とある。その真意を尋ねてみると――。

 今はご覧の通りの“もんちっちヘア”です。抗がん剤の副作用で頭髪が抜けて、人生初のショートヘア。昨年8月に抗がん剤治療が終わったのですが、髪の毛だけでなく、ありとあらゆる体毛が抜けました。下の毛も抜けてツルツルになり…100%脱毛状態。昨年1月ごろ、病気の前兆で体調不良を来すようになり、お腹だけがポッコリ膨らんでいて、他はみるみるうちに痩せこけていった。それはオッパイも例外ではなくて、中学生時代に「Fチャン」なんてあだ名がつけられるぐらい、ずっと大きかったのですが、入院前に購入したブラジャーはEカップ。ですが、今はもう、毛もオッパイも回復基調で、元に戻りつつある。ほぼ普通に生活していますし、はい、元気です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事