• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

がん克服の麻美ゆま 「AV女優復帰は白紙」の真相を激白

 昨年2月に卵巣境界悪性腫瘍を患い、卵巣と子宮を全摘出した麻美ゆま(27)が、半年間に及ぶ壮絶な抗がん剤治療に耐え、活動を再開した。これまでの半生を赤裸々につづった初の自叙伝「Re Start~どんな時も自分を信じて~」(講談社)では、AV女優への復帰は「白紙」とある。その真意を尋ねてみると――。

 今はご覧の通りの“もんちっちヘア”です。抗がん剤の副作用で頭髪が抜けて、人生初のショートヘア。昨年8月に抗がん剤治療が終わったのですが、髪の毛だけでなく、ありとあらゆる体毛が抜けました。下の毛も抜けてツルツルになり…100%脱毛状態。昨年1月ごろ、病気の前兆で体調不良を来すようになり、お腹だけがポッコリ膨らんでいて、他はみるみるうちに痩せこけていった。それはオッパイも例外ではなくて、中学生時代に「Fチャン」なんてあだ名がつけられるぐらい、ずっと大きかったのですが、入院前に購入したブラジャーはEカップ。ですが、今はもう、毛もオッパイも回復基調で、元に戻りつつある。ほぼ普通に生活していますし、はい、元気です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る