• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画デビュー作で「1人3役」こなした女優・青山美郷って?

 1人3役を熱演――映画「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」(21日公開)で三つ子役を1人でこなした青山美郷(19)が脚光を浴びている。1日、主演の芦田愛菜(9)、行定勲監督(45)と共に舞台挨拶に登壇。芦田演じる「こっこ」の三つ子の姉を1人で演じるうえでの役づくりについて青山は「一人一人の歴史を役づくりのノートに書いていきました。でも、撮影の中盤から分からなくなっていって、監督からアドバイスをいただいたり、愛菜ちゃんが『こんな時三つ子なら何て言うかなあ?』と言っていたことなども勝手に参考にさせてもらった」とコメント。これに芦田は「そういうこと、言いましたっけ?」と驚いていた。

 初めての映画出演が三つ子という難役。行定監督は「1人で演じるから3回撮らないといけない。3回やるから、だんだん現場スタッフがだれてくるんですよ。(その雰囲気に)ちょっと悔し涙が出てたでしょ」と気遣っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る