• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

快挙! 日活ロマンポルノがロカルノ国際映画祭から招待

 中高年サラリーマンには懐かしい日活ロマンポルノが、世界で評価された。ロマンポルノの製作開始から45周年を記念し、28年ぶりに製作された完全オリジナル作品のうちの一本「風に濡れた女」(塩田明彦監督)が、スイス南部で毎年夏に開催のロカルノ国際からコンペティション部門に招待されたのである。

 映画祭は8月3日から当地で行われ、同13日に受賞結果が発表される。日本屈指の成人映画レーベルが成人映画という枠を超え、「映画作品」として世界の映画人たちの前で上映されるのだ。塩田監督はこうコメントしている。

「(ロマンポルノの)歴史は必ずしも順風満帆だったわけではありません。初期においては映画表現のわいせつ性をめぐって警察権力から度重なる告発を受け、長期にわたる裁判闘争も行われました。いわゆる成人映画というものに対する世間の視線も決して温かいものばかりだったわけではないはずです。だからこそ、強く心揺さぶられるものがあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る