快挙! 日活ロマンポルノがロカルノ国際映画祭から招待

公開日:  更新日:

 中高年サラリーマンには懐かしい日活ロマンポルノが、世界で評価された。ロマンポルノの製作開始から45周年を記念し、28年ぶりに製作された完全オリジナル作品のうちの一本「風に濡れた女」(塩田明彦監督)が、スイス南部で毎年夏に開催のロカルノ国際からコンペティション部門に招待されたのである。

 映画祭は8月3日から当地で行われ、同13日に受賞結果が発表される。日本屈指の成人映画レーベルが成人映画という枠を超え、「映画作品」として世界の映画人たちの前で上映されるのだ。塩田監督はこうコメントしている。

「(ロマンポルノの)歴史は必ずしも順風満帆だったわけではありません。初期においては映画表現のわいせつ性をめぐって警察権力から度重なる告発を受け、長期にわたる裁判闘争も行われました。いわゆる成人映画というものに対する世間の視線も決して温かいものばかりだったわけではないはずです。だからこそ、強く心揺さぶられるものがあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る