• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「まれ」DVD“お蔵”か 高畑裕太逮捕で2次使用収入暗礁に

「彼がやったことは許しがたい。一つの優良なコンテツを闇に葬ってしまった……」と嘆息するのはNHKのドラマ制作プロデューサー。

 高畑裕太容疑者の女性ホテル従業員への強姦致傷事件の影響はまだまだ続く。ドラマやバラエティー番組のスタッフや共演者が心血を注いだ作品が“お蔵”になってしまうのだ。

 昨年放送されたNHK朝の連続ドラマ「まれ」。土屋太鳳主演で平均視聴率19.4%を獲得し、評価も高い作品だが、裕太容疑者の愚かな行為でだいなしだ。

「『まれ』は高畑容疑者にとって出世作であるとともに物語の構成に影響を与えた重要な役柄。いわば絶対に外せないポジションです。カットすれば筋が通らず、モザイクをかければ物語の雰囲気をぶち壊してしまう」(NHK関係者)

 これではNHKもDVD化できないし、2次使用の収入がなくなり、出演者は再放送、DVD化で入るはずだったギャラが支払われなくなる。和気あいあいと共演した仲間や先輩に、多大な迷惑をかけたといえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  10. 10

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

もっと見る