「まれ」DVD“お蔵”か 高畑裕太逮捕で2次使用収入暗礁に

公開日:  更新日:

「彼がやったことは許しがたい。一つの優良なコンテツを闇に葬ってしまった……」と嘆息するのはNHKのドラマ制作プロデューサー。

 高畑裕太容疑者の女性ホテル従業員への強姦致傷事件の影響はまだまだ続く。ドラマやバラエティー番組のスタッフや共演者が心血を注いだ作品が“お蔵”になってしまうのだ。

 昨年放送されたNHK朝の連続ドラマ「まれ」。土屋太鳳主演で平均視聴率19.4%を獲得し、評価も高い作品だが、裕太容疑者の愚かな行為でだいなしだ。

「『まれ』は高畑容疑者にとって出世作であるとともに物語の構成に影響を与えた重要な役柄。いわば絶対に外せないポジションです。カットすれば筋が通らず、モザイクをかければ物語の雰囲気をぶち壊してしまう」(NHK関係者)

 これではNHKもDVD化できないし、2次使用の収入がなくなり、出演者は再放送、DVD化で入るはずだったギャラが支払われなくなる。和気あいあいと共演した仲間や先輩に、多大な迷惑をかけたといえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る