• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

AVデビューの準備? 坂口杏里“インスタ削除”に悲痛な叫び

 デビューのための準備の一環なのか――。5日にアダルト転身が報じられた大物二世タレント・坂口杏里(25)のインスタグラムが閲覧不能となり、ファンから悲痛なエールが送られている。

 坂口は8月31日夜、ツイッターで唐突に「インスタグラムの削除のやり方教えて欲しいです」とフォロワーに質問。その後、坂口のインスタグラムはひっそりと閉鎖され、現在は“このページはご利用いただけません”というメッセージが表示されるのみとなっている。

 そんな矢先のAVデビュー報道。ツイッターには心配する声が相次ぎ、<やめとけよ!><綺麗なんだからもったいないよ>といった説得のほか、<記事が間違いであることを切に願っております>と、祈りにも似たコメントが多数寄せられている。

 今回の報道をめぐっては、坂口がホストクラブにはまり、亡き母・坂口良子(享年57歳)の遺産を食いつぶしたのが原因ともされるが、<アダルト以外に方法はある><後悔したって、ずっと残るんだよ>など、別の道を模索するよう訴える声も少なくない。

 ちなみに、坂口自身も忘れているのか、約1年前に運用を中止したインスタグラムの旧アカウントは今も閲覧可能なままだ。そこには、親しいタレント仲間と笑顔で写った坂口や、おいしそうな料理の写真などの何げない日常がつづられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る