フリーアナ辻よしなりさん レスラーとの宴会で“一気14杯”

公開日: 更新日:

 最初はボロが出ないように黙っていたら、別のレスラーから「おい辻、放送局でしゃべってるんだから、何か面白いこと言え」と、“テレビ”とは言わずに挑発され、慣れていなかったせいもあって、2、3回やりとりしてるうちに、ついつい英語をしゃべってしまったんです。

 それが口火となり、一度飲んじゃうと後はグダグダ。開き直ってしまい、罰ゲームもなんのその。飲みも飲んだり、14杯も空けたんですよ。

 もちろん一度に飲んだ最高記録。でも、重鎮のレスラーもいた席という緊張からでしょうね。酔っぱらうどころか、かなりシャンとしてまして、誘われるまま2次会のカラオケスナックへなだれ込みました。

 ところが、です。いざカラオケを歌おうとすると、モニターの文字が読めない。目がグルグル回ってくるし、焦点が合わない上にモニターが波打って見える始末。初めのうちは目にゴミでも入ったのかと思いました。でも、目をこすっても改善せず、歌うどころじゃありません。もちろん大ウケして、盛り上げるという目的は達成されたのですから、結果オーライでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る