フリーアナ辻よしなりさん レスラーとの宴会で“一気14杯”

公開日: 更新日:

■ジョージアではワイン30杯を

 お酒は大学に入学してから覚えました。それほど強くはなかったと思いますが、酒席は嫌じゃない。それがよかったんでしょうね、プロレス中継の担当になって酒豪揃いのレスラーに可愛がってもらい、羽目を外すことが増えたんです。

 91年、ジョージア(当時のグルジア)の首都・トビリシ郊外でガッツリ飲んだのはワインでした。ジョージアは“ワインの故郷”といわれるほど醸造の歴史は古く、口当たりが良くまろやかな日本人好みの銘酒が多い。

 この時は格闘技王国・ジョージアに新日本プロレスがプロレススクールを開校したというニュースのロケで、ありがたいことに現地の関係者がホームパーティーを開いてくれたんです。集まったのは約30人。まず主催者の挨拶があって乾杯したのですが、それからが大変でした。一人一人、自己紹介を兼ねた挨拶をしてそれが終わるや、全員がグラスのワインを一気飲み。その際「底見せろ! 底見せろ!」と手拍子ではやし立て、これを人数分、繰り返すのがジョージア流なんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  9. 9

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  10. 10

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る