• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フリーアナ辻よしなりさん レスラーとの宴会で“一気14杯”

■ジョージアではワイン30杯を

 お酒は大学に入学してから覚えました。それほど強くはなかったと思いますが、酒席は嫌じゃない。それがよかったんでしょうね、プロレス中継の担当になって酒豪揃いのレスラーに可愛がってもらい、羽目を外すことが増えたんです。

 91年、ジョージア(当時のグルジア)の首都・トビリシ郊外でガッツリ飲んだのはワインでした。ジョージアは“ワインの故郷”といわれるほど醸造の歴史は古く、口当たりが良くまろやかな日本人好みの銘酒が多い。

 この時は格闘技王国・ジョージアに新日本プロレスがプロレススクールを開校したというニュースのロケで、ありがたいことに現地の関係者がホームパーティーを開いてくれたんです。集まったのは約30人。まず主催者の挨拶があって乾杯したのですが、それからが大変でした。一人一人、自己紹介を兼ねた挨拶をしてそれが終わるや、全員がグラスのワインを一気飲み。その際「底見せろ! 底見せろ!」と手拍子ではやし立て、これを人数分、繰り返すのがジョージア流なんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る