フリーアナ辻よしなりさん レスラーとの宴会で“一気14杯”

公開日:

■ジョージアではワイン30杯を

 お酒は大学に入学してから覚えました。それほど強くはなかったと思いますが、酒席は嫌じゃない。それがよかったんでしょうね、プロレス中継の担当になって酒豪揃いのレスラーに可愛がってもらい、羽目を外すことが増えたんです。

 91年、ジョージア(当時のグルジア)の首都・トビリシ郊外でガッツリ飲んだのはワインでした。ジョージアは“ワインの故郷”といわれるほど醸造の歴史は古く、口当たりが良くまろやかな日本人好みの銘酒が多い。

 この時は格闘技王国・ジョージアに新日本プロレスがプロレススクールを開校したというニュースのロケで、ありがたいことに現地の関係者がホームパーティーを開いてくれたんです。集まったのは約30人。まず主催者の挨拶があって乾杯したのですが、それからが大変でした。一人一人、自己紹介を兼ねた挨拶をしてそれが終わるや、全員がグラスのワインを一気飲み。その際「底見せろ! 底見せろ!」と手拍子ではやし立て、これを人数分、繰り返すのがジョージア流なんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る