フリーアナ辻よしなりさん レスラーとの宴会で“一気14杯”

公開日: 更新日:

 グラスはやや小ぶりで、つがれるワインは半分ほどでしたが、30杯となると結構な量です。しかも挨拶が終わってから本格的に飲み始めるんですから、ジョージアの人たちは強い、強い。彼らに合わせて飲んでましたから、途中で「オーバーペースかな」という気はしてたのですが、おいしいからスイスイ飲めちゃう。でも、さすがに限界でした。もったいないことに一番おいしい料理が出てくる前に飲みつぶれてしまったんです。聞くところによると、いただいたワインは自家製の手づくりでアルコール度数はかなり高め。酔いが回るのが早いわけです。それだけに翌日の二日酔いが酷かった。思い出したくないくらいつらかったですよ。

 でもね、ワインのおいしさも忘れられず、帰国の際は、ジョージアワインを2本お土産に買いました。あれから27年。50歳を過ぎると酒量はガクッと減り、当時のマネは到底できません。“若いからできる”というのもお酒の楽しみ方のひとつかもしれませんね。

◆9月10日20時~「エアレース世界選手権2018 ロシア・カザニ大会」(NHK・BS1)。世界最速のモータースポーツ、エアレースのリポートを担当。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る