フリーアナ辻よしなりさん レスラーとの宴会で“一気14杯”

公開日:

 グラスはやや小ぶりで、つがれるワインは半分ほどでしたが、30杯となると結構な量です。しかも挨拶が終わってから本格的に飲み始めるんですから、ジョージアの人たちは強い、強い。彼らに合わせて飲んでましたから、途中で「オーバーペースかな」という気はしてたのですが、おいしいからスイスイ飲めちゃう。でも、さすがに限界でした。もったいないことに一番おいしい料理が出てくる前に飲みつぶれてしまったんです。聞くところによると、いただいたワインは自家製の手づくりでアルコール度数はかなり高め。酔いが回るのが早いわけです。それだけに翌日の二日酔いが酷かった。思い出したくないくらいつらかったですよ。

 でもね、ワインのおいしさも忘れられず、帰国の際は、ジョージアワインを2本お土産に買いました。あれから27年。50歳を過ぎると酒量はガクッと減り、当時のマネは到底できません。“若いからできる”というのもお酒の楽しみ方のひとつかもしれませんね。

◆9月10日20時~「エアレース世界選手権2018 ロシア・カザニ大会」(NHK・BS1)。世界最速のモータースポーツ、エアレースのリポートを担当。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る