城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

石野卓球が業界の掟に風穴か ピエール瀧被告は活動再開も

公開日: 更新日:

 NHK紅白歌合戦に7年連続出場したグループ・AAAのリーダー、浦田直也(36)が、女性への暴行容疑で逮捕され翌日に釈放、その数時間後に謝罪会見をして活動を自粛するとした。AAAの写真展示会は即刻中止、空手の応援ソングも担当していたが、「薬物や暴行などがあれば契約解除」という付帯条項により、契約打ち切りになった。6月から予定されているグループのコンサートツアーが開催されるかどうかは、検討中だという。明け方にコンビニにいた女性に声をかけ、自分のことを知らないと言われて暴力を振るうなど言語道断、無期限謹慎も当然と思える。

 だが、他のメンバーにも影響が出るのはどうか。仕方ない部分もあるだろうが、「連帯責任だから」で済ませるのはどうかと思う。浦田を除いたメンバーで成立するならコンサートを開いていいし、世論もその流れになっていきそうだ。

 この個人の犯罪とグループの活動を分ける方向性は、ピエール瀧被告の検挙で電気グルーヴの楽曲の出荷・配信が停止された際、「楽曲に罪はない」という声が大きくなっていったことと関連しているのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  5. 5

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  6. 6

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    白鵬45回目Vで現役続行示唆も品格ゼロ! 相撲協会激怒で親方株「継承不認可」が急浮上

  9. 9

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  10. 10

    宮崎美子はビキニ→マクドナルドCMが話題に 枯れないアラ還女優たちの「攻めこそ勝機」

もっと見る