吉本騒動の核心…当初から裏でチラついていた公取委の影

公開日: 更新日:

 吉本興業が芸人との契約を口頭で行っているのは「問題がある」――。公正取引委員会の有識者会議がこう指摘したが、一連の吉本騒動では当初から公取委の影がちらついていた。

 宮迫博之田村亮が涙の釈明会見をした3日前、公取委はジャニーズ事務所に「元SMAPの稲垣吾郎草彅剛香取慎吾を出演させないようテレビ局に圧力をかけた疑いがある」と注意した。

 大手芸能事務所をやめたり、トップに逆らったりすると、テレビ番組からお呼びがかからなくなるというのは、芸能界で当たり前になっていて、世間もやっぱりそうだったのかと呆れたが、慌てたのはジャニーズ事務所だけではなかった。吉本も言うことを聞かない芸人をさんざん干してきた。

 公取委はこうした実態の調査を2年前から始めていて、去年2月には芸能人などの契約のあり方について、移籍を制限するなどの「取引妨害」の恐れが見られるという報告書をまとめた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  7. 7

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  8. 8

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

もっと見る