本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

人心掌握にたけた強いリーダーでも人間関係の難しさは存在

公開日: 更新日:

 わが国の芸能界においてもっとも顔と名前が知られているプロダクション経営者といえば、我らが巨乳マイスター野田義治であろう。

 野田が率いてきたイエローキャブ、サンズエンタテインメントも規模はさして大きなものではない。大手芸能プロダクションと互角に戦ってこられたのも、魅力的なタレント、優秀なスタッフがあればこそだったが、なんといっても野田の顔と名前が決め手になった。

 その一方で、キャラの立った経営者にまつわる摩擦もあった。

 イエローキャブ時代に小池栄子がこんな発言をしている。

<イエローキャブの色が自分につき過ぎているのが、たまに嫌だと思うことはあります。イエローキャブの名前で仕事を取るんではなくて、小池栄子の名前で仕事を取りたいんだけど、イエローキャブがあまりにも大きくなっていくと、ずっと「イエローキャブの子だよね」って言われ続けるんだろうなと思うと、嬉しい反面、正直、複雑だなと思う時もあります。少し看板が大き過ぎる気がして……>(「女心をつかんで動かす」野田義治著・PHP研究所)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  3. 3

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  8. 8

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  9. 9

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  10. 10

    アメとムチを使い分け…剛腕・滝沢秀明副社長の孤軍奮闘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る