城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

映画界は切望しても…伊勢谷友介の仕事復帰を認めない理由

公開日: 更新日:

 大麻取締法違反の罪で逮捕・起訴され、9月30日に保釈された伊勢谷友介被告(44)が起訴直後、弁護士を通じて直筆コメントを発表した。そして保釈後は、自身が事業展開に関わった会社の関係者に謝罪と再起を誓うようなメールを送っているという。

 このことを耳にして、どうにも違和感を拭えない気分になってしまった。伊勢谷は今回、初犯ということで、執行猶予の付く判決が出ることが予想される。もちろん担当する弁護士も、それを散々、本人に伝えているはずだ。

 僕はこれまで、それが社会復帰に必要であるなら、たとえ執行猶予中でも仕事が可能であればやってもいいと言ってきた。もっとも、このところの芸能界は、執行猶予期間が過ぎてから復帰という風潮があって、それは違うと思っていた。働かなければ生活できないというケースもあるし、生きる権利はあるはずだと思っていたからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  8. 8

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  9. 9

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  10. 10

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

もっと見る