「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

公開日: 更新日:

 東京都知事選の"ほぼ全裸ポスター"に批判が相次いだ問題で、候補者で元埼玉・草加市議の河合悠祐氏が21日までに自身のX(旧ツイッター)を更新。『警視庁に呼ばれて、社会的に問題視されているポスターについて、迷惑防止条例違反に当たる可能性があるとして「警告」を受けました』と報告した。

 すぐに全てのポスターを剥がすために動いているようだが、河合氏はXで掲載した理由を『公職選挙法上はどんな内容のポスターでも合法であること』や過去に同レベルと考えられる肌の露出を行なったポスターを出していた候補者がいたことから、『前例に習い、合法の範囲内という認識でこのポスターを作成した趣旨です』と説明している。

 このポスターはレースクーンなどとしてタレント活動する桜井MIU氏がモデルになっており、ひろゆきこと西村博之氏は20日、Xを更新し『「子供が見る」という視点が全くないのか、頭が悪いのか、どちらなのでしょうか? これが合法なんて世も末ですね』と投稿。

 日本維新の会の金澤ゆい氏も『写真を載せる気にもならない、ほぼ全裸のポスター。見かけた方はすぐに警察に通報してください。こんなの子どもたちに見せるわけにいきません。そもそも大人も不快です。真剣に政治をやろうとしている私からするとかなり舐めているし、そもそも同じ女性として恥ずかしいです』などと苦言を呈していた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差