11月20日スタート…全員が取締役&給料なしの「ニート株式会社」はうまくいく?

公開日: 更新日:

 ニートが集まり、全員が取締役になって会社を運営する。そんなニート株式会社がいよいよ、11月にスタートする。

「6月に説明会をやった時には約3000人が見に来ました。全員が株主で、取締役になる。そのメリット、デメリットを説明して、それから4カ月かけて話し合ってきて、11月20日(いいニートの日)に設立予定になりました。最終的な参加者は100~150人くらいになるんじゃないかと思っています」(このプロジェクトの仕掛け人で、NPO法人中小企業共和国総裁の安田佳生氏)

 ニートだけの会社なんて、なかなか、イメージが湧かないが、全員が株主であり、取締役であるところがミソだ。つまり、オーナー、株主がふんぞり返ることもない。上司が威張りちらすこともない。業務命令もないが、その代わり、会社は給料を払わない。自分たちで好きなときに、好きな仲間と、好きなことだけをやり、儲けが出れば、分けるのである。安田氏は「これは行き詰まった資本主義への挑戦」と言うが、目下、検討されている会社ルールには「プロジェクトで得た利益の30%を会社運営資金とし、残り70%はプロジェクト参加者で配分」「事業の種類は限定しない」「他人のプロジェクトには文句を言わない」「組織には上下関係を一切つくらない」「時間で人を拘束しない」「不必要な出社を強要しない」などの文言が並ぶ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る