実現性は? 「自動運転カー」で高速道路を“手放し走行”する日

公開日: 更新日:

 必要なのは、車の周りの動きをチェックするセンサー機能と、発見した動きによって車を進めるか止めるかの判断能力。大手各社の技術なら、センサー機能は問題ないが、すべての状況に応じた判断力をプログラムするのが難しい。それが技術面での完全自動運転車のネックになっているのだ。それでも一部実用化は遠くないという。

「トヨタは、首都高で自動走行を披露しました。あれがヒントです。高速道路は、一般道と違って路地から車が飛び出すことはなく、一般道より突然の車線変更も少ない。つまり、車の流れを予測しやすい。このレベルの技術なら、大手3社とも十分にクリアできる」(横田氏)

 国交省や警察庁は、トヨタの自動運転デモについて「手放し運転は道交法違反だ」と怒っているらしいが、横田氏はこう指摘する。

「自動運転車専用レーンを設けて、運用すればいいのです。現状では、公道での自動運転は道交法で禁じられていますが、たとえば新東名あたりで〈高速道路での運用に限って〉という枠組みさえつくれば、2、3年での実現は可能でしょう」

 世界での枠組みは、ジュネーブ条約やウィーン条約などである程度決められている。「米国はその中で公道での自動運転試験を行っている」(国交省道路局道路交通管理課)という。少なくとも遠い未来の夢の技術ということはなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  4. 4

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  5. 5

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  6. 6

    樋口英明氏「耐震性に着目すれば全ての原発を止められる」

  7. 7

    小池知事ドヤ顔「8時だョ!」ドリフこじつけ発言で大炎上

  8. 8

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  9. 9

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

  10. 10

    社会学者・鈴木涼美氏が考察する「菅義偉おじさん」の正体

もっと見る