• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鼻グズグズは風邪じゃないかも…冬の花粉症はPM2.5で悪化する

 伸ばした手の先が見えない。中国の大気汚染はそれほど深刻で、中国北東部・江蘇省の8歳の少女が肺がんになったという。中国メディアは「大気汚染が原因」としているが、汚染源の微小粒子状物質「PM2.5」は風に乗って日本にも飛んでくる。

 その被害は西日本が中心だったが、4日は、千葉で1日の平均濃度が国の暫定指針の70マイクログラムを大幅に超える127マイクログラムを記録。関東で初めて注意情報が出された。PM2.5の被害エリアは全国に広がっている。

 さすがに日本は肺がん患者が増えるほどの汚染レベルではないが、春先が主流の花粉症がその前の冬に発症し、悪化する恐れがあるという。

 アレルギーに詳しい斎藤糧三医師が言う。
「今年のような猛暑の年は、スギ花粉が12月くらいから飛び始めます。それでも、花粉の絶対量が少なく、PM2.5がなければ、ほとんどの方はひどくなりません。ところが、PM2.5が絡んでくると、何とか発症を免れていた人も、くしゃみや鼻水、涙目などに苦しめられる恐れがあるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る