鼻グズグズは風邪じゃないかも…冬の花粉症はPM2.5で悪化する

公開日:  更新日:

 伸ばした手の先が見えない。中国の大気汚染はそれほど深刻で、中国北東部・江蘇省の8歳の少女が肺がんになったという。中国メディアは「大気汚染が原因」としているが、汚染源の微小粒子状物質「PM2.5」は風に乗って日本にも飛んでくる。

 その被害は西日本が中心だったが、4日は、千葉で1日の平均濃度が国の暫定指針の70マイクログラムを大幅に超える127マイクログラムを記録。関東で初めて注意情報が出された。PM2.5の被害エリアは全国に広がっている。

 さすがに日本は肺がん患者が増えるほどの汚染レベルではないが、春先が主流の花粉症がその前の冬に発症し、悪化する恐れがあるという。

 アレルギーに詳しい斎藤糧三医師が言う。
「今年のような猛暑の年は、スギ花粉が12月くらいから飛び始めます。それでも、花粉の絶対量が少なく、PM2.5がなければ、ほとんどの方はひどくなりません。ところが、PM2.5が絡んでくると、何とか発症を免れていた人も、くしゃみや鼻水、涙目などに苦しめられる恐れがあるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る