鼻グズグズは風邪じゃないかも…冬の花粉症はPM2.5で悪化する

公開日: 更新日:

 伸ばした手の先が見えない。中国の大気汚染はそれほど深刻で、中国北東部・江蘇省の8歳の少女が肺がんになったという。中国メディアは「大気汚染が原因」としているが、汚染源の微小粒子状物質「PM2.5」は風に乗って日本にも飛んでくる。

 その被害は西日本が中心だったが、4日は、千葉で1日の平均濃度が国の暫定指針の70マイクログラムを大幅に超える127マイクログラムを記録。関東で初めて注意情報が出された。PM2.5の被害エリアは全国に広がっている。

 さすがに日本は肺がん患者が増えるほどの汚染レベルではないが、春先が主流の花粉症がその前の冬に発症し、悪化する恐れがあるという。

 アレルギーに詳しい斎藤糧三医師が言う。
「今年のような猛暑の年は、スギ花粉が12月くらいから飛び始めます。それでも、花粉の絶対量が少なく、PM2.5がなければ、ほとんどの方はひどくなりません。ところが、PM2.5が絡んでくると、何とか発症を免れていた人も、くしゃみや鼻水、涙目などに苦しめられる恐れがあるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  9. 9

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る