増税前の資産防衛…REITでリスク分散

公開日: 更新日:

 投資対象として、REIT(不動産投資信託)に魅力を感じる人が増えている。REITは、多くの投資家から集めた資金で、オフィスビル、マンション、商業施設、物流施設、ホテル、シニア住宅、インフラ施設など数多くの不動産を複数購入し、賃貸収益や売却益を投資家に分配する投資商品だ。

 家賃収入を得る投資用不動産を保有する会社の株式と考えると理解しやすい。ただし金融商品の分類上は投資信託となっている。現在、東京証券取引所には42銘柄のJ―REITが上場されていて、株価は1口(株)10万円から100万円程度。

 REITは不動産の専門家が複数の物件に投資して運用するので、個人がワンルームマンション1戸に投資するよりもリスク分散の効果が大きい。また個人レベルでは難しい不動産の管理・運営についても、不動産の専門家が行うので高い家賃で効率的な賃貸経営ができる。例えば、保有するショッピングセンターにマクドナルドやユニクロなどを誘致することによる相乗効果で、ショッピングセンター全体の売り上げが上がるので、高い家賃収入が期待できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    巨人セ首位固めの裏で着々と進む 阿部慎之助の“入閣準備”

  10. 10

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る